札幌市中央区の整形外科 - JRタワークリニック

011-209-5025
脊椎疾患
主な症状 腰痛 頚部痛・肩こり 上肢痛 下肢痛・歩行障害 変形性膝関節 主な疾患 腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症 脊椎分離症・すべり症 頚椎椎間板ヘルニア 頚椎症・頚髄症 頚椎後縦靭帯骨化症
腰痛・頚椎症・椎間板ヘルニア・骨粗鬆症など
脊椎疾患について詳しくご紹介しております。
主な症状
腰痛

腰痛 腰痛は、日常生活の中で非常に多い症状です。男女の区別なく若者からお年寄りまで、一般主婦から重労働者まで幅広くみられる訴えです。その原因は、多種多様です。最も一般的な原因は、腰椎(腰の骨)の接続部である椎間板や椎間関節と呼ばれる組織の加齢現象(退行性変化)によって起こるものです。これに不良姿勢や負荷が加わりことによって起こる腰痛が最も頻度の多いものです。その他、腰痛の原因になる病気として、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症・腰椎辷り症、骨粗鬆症などがあげられます。また、時には、悪性腫瘍(癌)の腰椎転移も原因となります。一般的な腰痛の経過は比較的良好で、1~2週間で痛みは和らぐのが普通です。しかし、激しい痛みがある場合、痛みが遷延する場合、腰痛以外に下肢症状(足の痛み・しびれ)を伴う場合などには、注意が必要でMRIの検査を勧めます。いずれにせよ、腰痛の治療に際しては、初めに的確な診断が必須です。専門医の受診をお勧めいたします。

頚部痛・肩こり

頚部痛・肩こり 頚部痛や肩こりは、若い方からお年寄りの方までの広い年齢層で認められる症状です。その原因には様々なものがあり、年齢層によっても異なってきます。若い方の場合は筋肉・関節の炎症によるものが、中・高齢者の場合は頚椎(首の骨)や肩関節などの加齢性変化によるものが原因となることが多いです。しかし、中には頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症、頚椎後縦靭帯骨化症などの疾患が原因となっていることがあり、放置した場合手足の麻痺をきたすような重篤な症状へと進行していくこともあります。従って、症状が持続する場合は必ず整形外科専門医を受診し原因の検索を行うことが必要です。原因がはっきりすれば適切な治療法を決定することができます。頚部痛や肩こりは「治らないもの」、「たいしたことのないもの」ではありません。必ず整形外科専門医を受診し、正しい診断に基づいた適切な治療を受けることが大切です。

上肢痛

上肢痛 頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、頚椎後縦靭帯骨化症などの頚椎の病気が原因で頚の神経根(脊髄から出た神経の枝)が圧迫され、上肢の痛みを生じることがあります。この場合、頚を後ろに反らせたり、左右どちらかに傾けることにより症状が悪化する場合があり、肩甲骨の内側に痛みが走ることもあります。頚椎装具、薬物療法、牽引療法、ブロック療法などの保存的治療で多くは改善します。その他に、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩など)、胸郭出口症候群、肩手症候群などでも上肢にも疼痛をきたすことがあります。また頚髄の腫瘍や肺尖部の肺癌が頚の神経根を圧迫し、上肢の疼痛やしびれを生じることもあるので注意が必要です。いずれにしてもまず整形外科専門医を受診することをお勧めします。

下肢痛・歩行障害

下肢痛は腰椎(腰の骨)で脊髄、馬尾、神経根と呼ばれる神経が圧迫されて下肢に痛みが生じるいわゆる坐骨神経痛と、下肢の関節(股関節、膝関節、足関節)や筋肉・骨に障害や異常がある場合生じます。脊椎が原因の疾患には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などが代表的な病気です。
歩行障害の原因は、下肢の病気とそれ以外の病気に分けて考えることが出来ます。下肢の病気としては、関節の変形が代表的なもので、関節痛が特徴です。一方、下肢以外の病気による歩行障害は、背骨の病気による神経障害と下肢の血流障害が主な原因です。通常は、神経障害による歩行障害が多く、臀部から下肢の後面を通り下腿部の下まで放散する痛みとしびれで歩くことが出来なくなります。安静時には全く症状が無く、歩くと痛みやしびれがでて長く歩くことができなくなり、歩行と休息を繰りかえす歩行障害を間欠跛行といいます。この間欠跛行は腰部脊柱管狭窄症による神経障害や閉塞性動脈硬化症による血行障害の特徴的症状です。歩くと下肢が痛い・しびれるといった症状があるときには専門医の受診をお勧めします。

変形性膝関節

現在準備中です。

 

主な疾患
腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア  椎間板は髄核と呼ばれる柔らかい組織とその周囲の線維輪と呼ばれる外層で構成されています。髄核は子供や青壮年ではゼリー状ですが、年齢とともに水分が失われてきます。壮年期には椎間板に裂け目が生じて、腰痛を引き起こすことがあります。裂け目が椎間板の外側まで広がると椎間板の内容物が押し出され、突出します。これを椎間板ヘルニアと呼びます。突出した椎間板が神経を圧迫すると下肢に痛みが生じることがあります。馬尾と呼ばれる腰椎部の神経が椎間板ヘルニアで傷つくと排尿や排便の障害が生じることがあります。腰椎椎間板ヘルニアに対しては脊椎脊髄病専門の整形外科的な診断と治療が必要です。多くは手術をせずに治癒しますが、適切な治療にも関わらず下肢の痛みが治らない場合、下肢の麻痺が進行する場合や前述の排尿、排便障害がでてくるような場合には脊椎脊髄病専門の整形外科医による手術が必要です。

腰部脊柱管狭窄症

背骨には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる孔があります。長い年月の間、体を支え続けていると加齢現象が生じ脊柱管が狭くなってきます。腰椎部で脊柱管が狭くなった状態を腰部脊柱管狭窄と呼びます。腰部脊柱管狭窄症は、50歳代以降から徐々に増えてきます。脊柱管が狭くなると、そのなかを走っている神経が圧迫されて、坐骨神経痛と呼ばれる下肢の神経痛やしびれ、麻痺(脱力)が発生します。時には、両下肢のしびれの他に、股間のほてり、排尿後にまだ尿が完全に出し切れない感じ(残尿感)、便秘などの膀胱・直腸症状が発生します。これらの症状は、主に立位や歩行時により惹起されます。そのため腰部脊柱管狭窄症では、長距離を続けて歩くことができなくなり、歩行と休息を繰りかえす間欠跛行という状態になります。歩くと下肢の痛みやしびれが強くなってくる、あるいは下肢の症状に排尿の異常を伴うような症状があれば腰部脊柱管狭窄が疑われますので専門医に診てもらう必要があります。

脊椎分離症・すべり症

脊椎分離症というのは、脊椎の関節突起間部といわれる部位で本来つながっているべき骨の連続性が絶たれてしまっている(分離している)疾患です。主に腰椎(腰の骨)に生じ、学童期に多く発症します。原因はスポーツを行う学童に多いことから、腰にかかる繰り返しの外力によるものと考えられていますが、遺伝的要素も一部関与していると考えられています。本疾患の主な症状は腰痛で、早期に適切な治療を行うことが重要です。分離症が放置された場合、隣り合った脊椎との間の安定性が損なわれてしまうため加齢とともに骨と骨との位置関係にずれが生じることがあります。この状態を脊椎分離すべり症と言います。主な症状は腰痛と下肢痛です。症状に応じて、手術的治療を含めた様々な治療が行われます。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアに比べて発症年齢が高く、40歳以上に多く発症します。原因として首の老化を基盤に明らかな原因がなくても発症します。中には、むちうちやスポーツ外傷をきっかけに発症することもあります。
まず肩こり、首の痛みなどの局所の症状として始まります。このため、初期の局所症状の段階では、ただ単に寝違いの診断ですまされているものも少なくありません。
首~肩~腕~指へのしびれ・痛み、肩・首・背中が痛く重く感じる、筋力低下、頭痛、耳鳴、目がチカチカするなどの症状があります。

頚椎症・頚髄症

頚椎症・頚髄症

頚の背骨(頚椎)自体あるいは椎間板が痛んで骨棘(こつ・きょく)と言う骨・軟骨が増生するため、頚が痛くなる状態を頚椎症と言います。うなじ(項部)や肩甲部にも鈍い痛みがでることがありますが、薬物療法や牽引療法などの理学療法、軽い運動療法で軽快することが多いです。この状態が進行し手足のシビレや痛み、運動麻痺や排尿障害がでてきますと脊椎脊髄病専門医の診察がまず必要になります。骨棘の発生部位やその大きさをレントゲン像で調べ、脊髄や神経症状の程度と脊髄変形をMRIなどで検査する必要があります。この様に神経麻痺や運動麻痺がでてきた場合を頚髄症と診断します。軽度のシビレ感や感覚障害、痛みならば薬物療法、牽引療法などで様子を診ることもありますが、その症状が改善されず、手指の運動障害や歩行障害がでてきますと手術が必要です。診断は脊椎脊髄病専門の整形外科医(脊椎脊髄病学会外科指導医)の診察を受けると良いでしょう。

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎の椎体の後面、脊髄の前方部にある後縦靱帯が骨化して、脊髄を圧迫する病気です。進行すると脊髄圧迫による頚部や肩の痛み、手足のしびれ、手指の運動障害、歩行障害などを生じます。原因については長い間研究されていますが、はっきりした結論は出ていません。診断は頚椎の単純X線写真で可能ですが、脊髄の圧迫の程度をみるにはMRI検査が有効です。症状が軽い場合は、頚に装具をつけるなどして安静を保ったり、薬物療法などの保存的治療を行います。手指の運動障害や歩行障害が出てきた場合には、手術が必要となる可能性が高いので、脊椎脊髄病学会指導医への受診が勧められます。また症状がないか軽くても転倒などで脊髄麻痺を生じることがあるので注意が必要です。なお厚生労働省特定疾患として認められており、医療費の公費負担を受けることができる場合があります。

〒060-8503
札幌市中央区北5条西2丁目
JRタワーオフィスプラザさっぽろ8F
Copyright(c) Officeplaza Orthopedics Clinic All Rights Reserved.